スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長がまた告発された。

 降格処分を受けた職員3人を支援する弁護団が、処分取り消しを命じた市公平委員会の判定に従わない市長を地方公務員法違反容疑で鹿児島地検に告発する事態に発展した9日、弁護団は「首長が法律に従わない風潮が全国に広がれば、法治国家の原則が根本から揺らぐ」と語った。

 告発状では、竹原市長は故意に法律を無視していると指摘。県庁で記者会見した弁護団の増田秀雄弁護士は、竹原市長は確信犯であり、任意の取り調べにも応じない可能性があるとした上で、「強制捜査によってでも法治主義を保つべき」と述べた。

 また、竹原市長が職員や市議のボーナスを半分にする条例改正を専決処分した問題については、差額分を請求する訴訟の提起を検討していることも明かし、「違法な行政行為に対して、可能な法的手段を行っていく」と語った。

隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)
<宮内庁>秋の自然観察会の募集要項発表(毎日新聞)
当麻寺西塔は飛鳥時代の創建? 橿考研が新説(産経新聞)
名古屋市議会 市長のPR力に対抗? パネルお目見え(毎日新聞)
船主「現実目の当たりに」=漁船沈没、収容6遺体に―長崎(時事通信)

世論調査で民主党凋落一途 参院選投票先で「自民」と逆転も(J-CASTニュース)

 鳩山内閣の支持率がついに20%を割り込んだ。沖縄県の米軍普天間基地の移設先を、結局もとの辺野古沖に決め、連立与党の社民党が政権を離脱したことなどが響いたものと見られる。また、参院選での投票先で、民主党と自民党との逆転もみられるなど、民主党の凋落は止まらない。

■毎日、日経除き内閣支持率20%割れ

 2010年5月31日付の新聞各紙は、米軍普天間基地の辺野古移設に反対する社民党の政権離脱とともに、鳩山内閣の支持率が20%を割り込んだことなどを伝えた。

 普天間問題は5月28日に何とか日米合意に漕ぎ着けたが、国民はこれを評価しておらず、「退陣」を求める声が半数を超えている。

 読売新聞の世論調査では、普天間基地の移設先を「最低でも沖縄県外」とした鳩山首相の一連の発言について、じつに81%が「問題だ」と答えた。国民は「5月決着」を公約違反とみる向きも少なくなく、朝日新聞の調べでは、鳩山首相が「約束を守った」と答えた人は13%、「守らなかった」は78%に上った。

 鳩山内閣の支持率は、読売新聞で「支持」が前回調査(5月7〜9日)よりも5ポイント下落して19%、「不支持」は8.0ポイント上昇し75%に達した。

 朝日新聞は「支持」が前回(5月15、16日)に比べて4ポイント下落の17%、「不支持」は6.0ポイント上がって70%だった。

 毎日新聞は、「支持」が前回(5月15、16日)比3ポイント下落の20%、「不支持」が5ポイント増えて67%となった。

 産経新聞は前回(4月29、30日)と比べて3.1ポイント下がり19.1%、「不支持」が4.3ポイント上昇の70.8%。日本経済新聞は「支持」が22%、「不支持」は69%。共同通信社の調べでも支持率は19.1%と、20%を割り込んだ。

 新聞各紙の世論調査で、鳩山内閣「支持」で20%を確保したのは毎日と日経だけ。発足当初に70%超の支持を得ていた内閣とは思えぬ凋落ぶりだ。

■参院選の投票先 読売は「民主14%」「自民19%」

 「民主離れ」も加速している。読売新聞によると、いまの民主党の支持率は20%。前回調査時から2ポイント下落した。一方、自民党は6ポイントと急上昇して20%となり、並んだ。

 また、朝日新聞では民主党は21%で前回と比べて3.0ポイント下落した。自民党は15%と横バイ。ただ、2010年7月に予定されている参院選比例区の投票先でみると、民主党20%(前回比4.0下落%)、自民党20%(1.0上昇)と並んだ。

 7月の参院選の投票先では、読売新聞の調べで、民主党14%(前回比5.0減)、自民党19%(同6.0増)と逆転。みんなの党も8%で1.0ポイント増えた。共同通信社でも、民主党19.1%(同1.6減)、自民党20.9%(同1.0上昇)と逆転した。

 産経新聞は、民主党が0.9ポイント増加して22.0%、自民党も1.7ポイント増えて19.5%となった。みんなの党が3.7ポイントと急増して、14.0%と存在感を示した。

 民主党の支持低下は普天間問題が直接のきっかけだが、「政治とカネ」の問題も依然としてくすぶっている。


■関連記事
「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す : 2010/04/19
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」 : 2010/03/25
鳩山内閣支持率落ち方早い? リーダーシップないのか : 2009/11/13
人気女子アナ、あなただけに時刻をお知らせ! : 2010/05/27
自分のアイデアを横取りして出世した課長が許せない : 2010/05/28

慢性痛にチーム医療での取り組みを―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
<民主代表選>樽床氏「社会保障を抜本改革」(毎日新聞)
首相辞任検討「済州島で一人で考えた」(産経新聞)
運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)
三浦朱門さん車にはねられる=頭に軽傷、東京・上野(時事通信)

ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき(産経新聞)

 夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁することで与野党が合意した。当面は、ホームページとブログだけだが、本格的な「ネット選挙」に向け、一歩を記すことになりそうだ。

 ネット上で、ネット選挙のこれからについて議論を戦わせる「動画付きの討論会」が開催されていたので視聴した。

 ネットを使った政治活動の専門家に加え、みんなの党の衆院議員、柿沢未途氏も登場して、ネット解禁に至る与野党協議の内容などについて議論していた。

 「ネット解禁推進派」の論客たちがやり玉に挙げていたのが、簡易型投稿サイト「ツイッター」の解禁が、今回の与野党合意で見送られたことだ。

 「いろいろ理由はあったんです」。攻め込まれて神妙に答弁する柿沢氏。同じ政治家とはいっても、世代や個人差でネットへの親和度が違うことや、なりすまし、誹謗(ひぼう)中傷が問題視されたことを説明した。

 そこで、ネット解禁の与野党協議で「座長」を務めた民主党の桜井充参院議員の話題になった。

 「結構、大きかったんですよ、桜井さんの発言は」

 柿沢氏が指摘したのは、桜井氏が「自分でツイッターをやろうとしたら、すでに、自分になりすましてツイッターをしている人がいた」という逸話だ。

 柿沢氏の口ぶりからいって、桜井座長のこの発言が、与野党協議で「ツイッター解禁見送り」の流れを決めたということらしい。

 「まだ早い」。そんな空気がツイッターを退けた。解禁に積極的だった民主党も、政権与党になれば変わってしまう例だ。

 座談会に出席していた専門家たちからは、「ツイッターがないのは意味がない」と手厳しい意見もでたが、柿沢氏のいうように「100歩のうちの1歩」ということだろう。

 実は、このネット上の討論会には、気になる部分があった。

 「前座」と称して登場した大学院生たちの笑顔付きの「つぶやき」だ。

 ネット選挙解禁に関する討論会に参加する大学院生が、ネット解禁について語るという部分だったが、そこでこんなやりとりがあった。

 「1票入れても、意味があるのかと思う」

 「確かにそう思う時ありますよね、ぶっちゃけた話」

 「じゃあ、ネット選挙が解禁されても、選挙には行かないんです か」

 「信念持って(投票には)行かないですね」

 「まあ、ネット選挙で魅力的な政治家が見つかれば…」

 大学院でメディア論や、ジャーナリズム論を学んでいるという学生だが、マイクを握って「投票には行かない」と公言する姿が、ネットの現状をあぶり出しているように感じた。

 出席していたネット専門家の一人も同じ印象だったのだろう。

 「選挙では、候補者が、何を考え、何をしてきたか、という情報が少ない。なのに投票にいかなくてはいけないことが続いてきた。せっかく、ネットというツールがあるにもかかわらず、使われてこなかった。今回の参院選は、制約はあるが、候補者が何を考え、何をしようとしているのかを有権者がネットを通じて取ることができる。ただ、今回のネット解禁は、大きな一歩にすべきだと思う。どんなに情報出しても有権者がネットをみないで投票に行けば、ネット解禁には意味がない」

 熱くネット解禁の必要性を語った上で、調子を変えて、こう言った。

 「僕は選挙に行きませんなんて、マイクを持って大声でいうようなやつは、日本から出ていけ、と言いたい」

 延々と小さなパソコン画面でネット動画をみることになり、すっかり辟易(へきえき)していた私も、この一言で目が覚めた。(金子聡)

【関連記事】
参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
iPadが上陸

元日本代表FW・西澤さん「海外移籍が当たり前になるよう貢献したい」(産経新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
今日の1コマ「成功しやすい告白の仕方とは?」2
<タクシー強盗>19歳米兵に懲役3〜4年の実刑 那覇地裁(毎日新聞)
今年度予想は2ケタ台の増収・増益−大洋薬品工業(医療介護CBニュース)

口蹄疫感染拡大で動物用消毒薬に注文殺到、在庫切れの恐れも(カナロコ)

 口蹄疫の感染拡大を受けて、動物用消毒薬の需要が全国各地で急増している。販売会社や製造会社では在庫が底をつきそうな事態に。畜産農家を守ろうと飼料業界では支援に向けた動きも進んでいる。

 畜産機材を販売する協同インターナショナル(川崎市宮前区)は、畜舎で使う消毒用衛生マットや消毒散布剤の注文が舞い込んでいる。1970年代から欧州製の畜産機材を輸入販売しており、取引先は全国にある。池田謙伸社長は「供給が追いつかない状況だが、長年付き合いのある農家をできる限り支援したい」と対応を急いでいる。

 明治製菓(東京都中央区)は動物用の塩素系消毒薬を緊急増産している。「口蹄疫が確認された4月20日からの1カ月で5年分を出荷した」と広報担当者。増産態勢にもかかわらず、在庫は底を尽きかけているという。

 配合飼料メーカー各社は飼料の配送車を消毒したり、営業担当者が訪問先ごとに長靴を替えるなど感染防止を徹底。家畜を殺処分した農家に対して飼料代の支払い猶予を検討する動きも広がっている。

 配合飼料大手の協同飼料(横浜市西区)は「被害を受けた農家が経営を継続できるよう可能な限り対応したい」。別の配合飼料メーカーは「過去に例のない規模。取引先に感染が拡大すれば、今後の業績に影響が出かねない」と話した。


【関連記事】
口蹄疫拡大で緊急調査、県内は感染なし/神奈川県
飼料米に脚光、収穫増と省力化進む/神奈川
産学連携で高校生が「エコ中華まん」開発/相模原

DEEP、6月にシンフォニックコンサートツアーを開催
<雑記帳>イケメン演歌歌手の山内恵介さんが一日根室署長(毎日新聞)
「年金もらえなくなる」 庭に母の死体遺棄容疑の50歳無職男(産経新聞)
B型肝炎 救済策提示見送り 政府、きょう和解協議入り表明(産経新聞)
新型ワクチンの集団接種を提言―厚労省総括会議(医療介護CBニュース)

エビスザメ 気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)

 2億年以上前のサメの特徴を持つエビスザメ(体長1.3メートル、雌)の展示が8日、大阪市港区の水族館「海遊館」で始まった。捕獲されるのは珍しく、関西では唯一の展示。

 4月、高知県土佐清水市沖の定置網にかかった。現在の多くのサメは背びれが二つあるが、エビスザメは一つしかないなど、大昔に絶滅した種類と共通点が多い原始的なサメ。

 気性は荒いが、口元が笑っているようなユーモラスな顔。恵比寿神から命名されたといい、同館は「見たら笑顔になれますよ」。観客を見事集め、商売繁盛なるか?【服部陽】

【関連ニュース】
<その9>海遊館の「毎日かあさん」
特別企画展:園児、サメにタッチ−−大阪・海遊館

鳥取連続不審死事件 県警が捜査本部を解散(産経新聞)
<掘り出しニュース>テギュンバーガー大人気 ホームランで52食限定50円(毎日新聞)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
高速新料金、6月実施先送りへ 審議入りのめど立たず(産経新聞)
戦後抑留に25〜150万円、与党・政府合意(読売新聞)

<アグネス・チャン>ソマリア視察を報告 ユニセフ議連総会(毎日新聞)

 ユニセフ(国連児童基金)の国内委員会「日本ユニセフ協会」の大使、アグネス・チャンさん(54)は23日、東京都内で開かれたユニセフ議員連盟(谷垣禎一会長)の総会で内戦が続くソマリアでの視察について報告した。アグネスさんは2月、「ソマリランド」と呼ばれる北西部の都市・ハルゲイサを訪れ、内戦が激化している南部から逃げてきた人らが作る避難民キャンプなどを視察した。アグネスさんは総会で、キャンプの家族から聞いた南部の戦闘の様子や、現地の子供たちが栄養失調に苦しむ状況を紹介。「日本が行っている援助は、子供たちの命綱になっている」と、ソマリアへの支援継続を出席した国会議員らに訴えた。

【関連ニュース】
アグネス・チャンさん:ソマリアの苦境 帰国報告で訴え
アグネスさん:ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使
矢沢永吉:子供を守る企画に賛同 「ハッピー・バースデー」DLでユニセフに寄付 30日から
中田英寿:「南アフリカへ100万個サッカーボールを」 イナズマイレブン3イベントで発表
アート展:ハイチの絵画で震災復興を支援 鳩山首相夫人も鑑賞−−流山 /千葉

普天間移設 沖縄県民大会始まる 知事も初参加で姿勢示す(毎日新聞)
舛添新党、苦渋の決断…参加議員も広がり欠く(読売新聞)
振り込め団「キング」の残党を逮捕 詐欺未遂の疑い(産経新聞)
ひき逃げ?57歳女性死亡 群馬・高崎(産経新聞)
最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)

30分間無人、告示日の長崎県南島原市選管(読売新聞)

 18日に告示された長崎県南島原市の市長選と市議選で、市選挙管理委員会(久間省吾委員長)が、職員の昼食などのため、立候補届け出受付会場を約30分間閉鎖していたことが分かった。

 市選管は「苦情はなかったが、結果的に受け付けを放置したと言われても仕方ない。反省している」としている。

 市選管によると、同日午前8時半に市役所本庁3階の大会議室で受け付けを始めた。同9時過ぎまでに、市長選、市議選の立候補者31人の届け出を受理。午後0時半頃、久間委員長と職員計8人が施錠し、選管事務局がある2階の総務課で昼食を取り、午後1時過ぎに大会議室に戻った。

 この間、エレベーターを停止させた。選管書記長の渡部博・市総務課長は「会場に上がる人がいれば、総務課の前の階段を通る時に分かると判断していた」と話しているが、届け出に来た人がいなかったかどうかは不明だという。

 渡部課長は「ポスター掲示や投票所への入場券について、総務課に問い合わせの電話が相次ぎ、その対応のためにも大会議室を閉鎖したが、私が会場に残るべきだった」と話している。

ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)
“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代(時事通信)
1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)

男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」−埼玉県警(時事通信)

 男児のわいせつ画像を撮影し、ホームページで閲覧できるようにしたなどとして、埼玉県警少年捜査課などは15日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、川崎市中原区中丸子、デザイナー小林葉介容疑者(29)ら4人を逮捕した。同課によると、男児専門のポルノサイトが摘発されるのは全国で初めて。小林容疑者は「少年愛を広めたかった」などと、容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、小林容疑者らは昨年12月9日、川崎市内のホテルで東京都内の少年(13)に現金1万2000円を渡し、わいせつな行為を撮影して児童ポルノを製作したなどの疑い。 

【関連ニュース】
女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間

<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
自民・小池参院議員が離党へ(時事通信)
5月中に閣議決定か了解=普天間移設−平野官房長官(時事通信)
「温かく見守って」 沢尻エリカが芸能活動に本格復帰 たかの友梨の新CM発表会

彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕(産経新聞)

 交際中の女性の気を引こうと強盗事件を装い暴行を加えたとして、大阪府警枚方署は15日、住居侵入と暴行の疑いで、枚方市甲斐田町の関西外大4年、坪倉篤志(21)と吹田市千里山東の関西大4年、足達康宏(21)の両容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、両容疑者が共謀して14日午後10時ごろ、枚方市内の私立大学4年の女性(21)宅にカードローン業者を装って侵入、「金を出せ」と脅して女性の口を手でふさぐ暴行を加えたとしている。

 女性と交際中の坪倉容疑者が別れ話を切り出されたため、女性の気を引こうと強盗事件を計画。幼なじみの足達容疑者に犯人役を依頼した。坪倉容疑者は事件後すぐに女性宅に“救出”に駆けつけ、足達容疑者は何も奪わず逃走したという。

 枚方署は当初、強盗未遂事件として捜査。しかし事件後、付近の防犯カメラに両容疑者がそろって歩いている映像が残っていた。

【関連記事】
気を引こうと…図書館長、中傷ビラ「デリヘル出張中」
63歳女ストーカー、元カレの職場に居座る 警告も効果なし
「お前を殺しておれも死ぬ」 復縁断られた男、殺人未遂容疑で逮捕
「連れ子の養育費ほしい」交際相手の祖母への詐欺容疑で女を逮捕
増え続けるDV 「自分はダメ人間、私のせい…」被害意識なく気づかず

浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を聴取 指定弁護士 録画・録音の方針(産経新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)

<与謝野・平沼新党>民主、「第三極」を警戒(毎日新聞)

 与謝野氏や平沼氏らの新党結成の動きに対し、民主党は新たな「第三極」になるとして警戒を強めている。みんなの党に続き、新党が参院選で改選数2以上の選挙区での候補擁立を進めれば、複数候補を立てて票の掘り起こしを狙う小沢一郎幹事長の戦略にも影響を与えかねないからだ。

 平野博文官房長官は5日の記者会見で、新党との連携について「少なくとも現時点で鳩山政権が連立政権としてどうのこうのということはない」と述べるにとどめた。だが、与謝野氏らが参院選で民主党の単独過半数獲得阻止を掲げて「反民主」を明確にしていることには、「政局音痴だ」(参院幹部)との反発も出ている。

 民主党は、内閣支持率が低下する中、自民党の支持率も伸び悩んでいることに期待をつないできた。しかし、新党が反民主・反自民の双方の批判票の受け皿になれば、参院選での民主党の単独過半数獲得はさらに厳しい状況となる。新党側は、東京選挙区など改選数3以上の選挙区では候補者擁立を積極的に進める方針で、仮に新党とみんなの党がともに候補者を擁立し「新党ブーム」で躍進すれば、複数擁立を仕掛ける民主党の「共倒れ」すら誘発しかねない。

 一方、党内には、小沢氏と関係が深い与謝野氏が参院選後に向けた連携を探っているのではないかという見方も根強い。小沢氏に近い党幹部は5日、「今のところ99%可能性はないとは思うが、参院選後に与謝野氏にも近い青木幹雄前参院議員会長ら参院議員が大量離党して民主党と連携するのなら話は別だ」と漏らした。【高山祐】

【関連ニュース】
普天間移設:「県外に」沖縄知事が要求…官房長官と会談
普天間移設:政府案の調整4月にずれ込み 官房長官見通し
官房長官:沖縄の3訓練区域 米政府に返還求める考え
中国毒ギョーザ:中国政府の対応評価 平野官房長官
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意

横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
社民党が青森選挙区で元三沢市議を公認(産経新聞)
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)
小学生2割、中学は5割弱=携帯所有、減る傾向−内閣府調査(時事通信)
首相動静(4月9日)(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
債務整理無料相談
借金整理
クレジットカード現金化 還元率
無料ホームページ
情報起業
無料ホームページ
情報商材レビュー
selected entries
archives
recent comment
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    とろろいも (01/14)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    カドルト (01/09)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    こういち (12/27)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    リョータ (12/23)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    まろまゆ (12/18)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    パイン (12/11)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    俊之 (12/03)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    ポコラーニャ (11/25)
  • 「法治国家揺らぐ」阿久根市長告発の弁護団(読売新聞)
    しゅうじん (11/23)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM